ページ指定:[ 1 / ]


画像の題名:スキネリー‘うふうふ’ -(12 KB)

比べてください。   出品者: MOTO [2013/04/02,22:45:23] No.35
4月1日、投稿No,32番、植物人間さんのLKM−38に白いリカステと比べてみてください。この写真はNo.32,LKM−38の片親、言わずと知れた永井蘭園の名花、スキネリー‘うふうふ’です。親子、よ〜く似ていると思います。優劣をつけるなら LKM−38のほうがややよりふくよかかなと思いますが皆様はどう思われるか感想をお聞かせください。もう一つ、自分で疑問に思っていることがあります。ウフウフの子供である、たとえば投稿No,32番のLKM−38がウフウフのレベルを超えていないとすれば、この交配は成功とは評価すべきではないのかなあと、自己には厳しい評価をしています。俗っぽく言えば少なくとも当たり交配ではない? 皆様はどのように思われますか? ご意見をお聞かせいただければ嬉しいです。
>> 追加   名前: MOTO [2013/04/02,23:01:45] No.36
投稿NO32番の写真と左右のセパル辺縁の反りを比べてみてください。まるでコピーのように似ています。この点では、LKM−38,投稿NO32番の白花もよく見ればスキネリーの面影を残した交配花とおおいます。植物人間さんが言われるようなスキネリーとまんざらかけ離れた花形でもないかなと私は思言うますがいがかでしょう? 注;上記の趣旨は決して植物人間様の投稿内容に対する批判ではありません。どうぞ誤解されませんように。
>> 当たり外れとは?   名前: 植物人間 [2013/04/03,07:57:33] No.37
交配の当たり外れとは何を言うのでしょうか?
良花続出が当たりだとすれば、沢山出ればそれらは良花でなく普通花です。1,2本だけ凄いのが咲くのが当たり交配なのかも知れません。
有名なWyldcourt はSir William ともう1本個体名忘れましたが、しか良花が咲かなかったと聞いたことがあります。このシブリング苗を買ったことがあり、結果は全てSir Williamのような感じで面白くありませんでした。
LKM38多数咲いた訳ではありませんが、殆ど屑でこの白がベストでした。すなわち当たり交配?作上げしてサイズアップを図って見ます。


[返信しないで戻る]