日本リカステ協会名誉会長 ドクター・ヘンリー・オークレー様より、

ホームページ開設にあたり、お祝いのお言葉を頂戴いたしました。



Greeting to the website of The Lycaste Society of Japan

I extend a warm welcome to all readers of this website. I hope that it will be a source of information and inspiration to all orchid growers, and an encouragement to share with our Society the passion and dedication to growing and breeding Lycaste. These wonderful orchids that come from Latin America, from southern Mexico, through Central America and the Caribbean, to the northern countries of South America, have been in cultivation for over two centuries. The first in cultivation was Lycaste barringtoniae from the Blue Mountains of Jamaica, introduced in 1790 by Lord Allen Gardiner a captain in the British fleet that had been stationed there. It was however the introduction of Lycaste skinneri from Guatemala, in 1840, by George Ure Skinner, a British merchant, that excited orchid growers then and ever since. Plant collectors, such as the aristocratic Josef Ritter von Rawicz Warszewicz ? exiled from his native Poland ? risked their lives to collect new and fabulous lycastes and other orchids from areas inhabited by hostile tribes, and sent them back into cultivation. Botanists and orchid growers first in Europe, and then in the United States, grew these new species and raised beautiful hybrids, making them among the most prized orchids in the world.

In the last half century Japan has become the centre of excellence for growing Lycaste. Japan is now famous for line-breeding astonishing clones of Lycaste skinneri and its hybrids. Nowhere else in the world will one see such superb plants, evidence of enviable skill and patience. The focus of this excellence is in The Lycaste Society of Japan, and in growing these beautiful plants its members unite people of many countries through their love of Lycaste. I, and the members of this Society, wish you every happiness in growing Lycaste, in learning more about them and how they grow. We trust that you will find both wisdom and beauty in this website and that it will be of service to you.



Dr.Henry Oakeley
President, Orchid Society of Great Britain
Chairman, Orchid Committee of the Royal Horticultural Society, United Kingdom.
National Scientific Collection of Lycaste, Ida and Anguloa, United Kingdom.



このホームページの全ての読者の皆様に歓迎の意を表します。このページが蘭の栽培に携わっている全ての人々にとっての情報と刺激の源となり、またリカステ栽培への情熱と献身を我々英国の協会と分かち合う手助けとなる事を期待しています。

これらの素晴らしい蘭たちはラテン・アメリカ、南メキシコからもたらされ、中央アメリカ、カリブ海を通り南米の北部の国々へと広がり、200年以上に渡って栽培されてきました。最初に栽培されたものはジャマイカのブルー・マゥンテンズからの Lycaste barringtoniae で、1790年に英国艦隊の指揮官であったAllen Gardiner卿によって紹介されこの地に根付きました。
一方 Lycaste skinneri は1840年に英国商人の George Ure Skinner がグァテマラから持ち帰り、それ以降,蘭栽培者の目を楽しませています。貴族であった Josef Ritter von Rawicz Warszewicz という植物採集家は、母国ポーランドから追放され、命を賭して新種の素晴らしいリカステやその他の蘭を敵対する種族の住む土地から採集し、母国に送り栽培しました。最初はヨーロッパで、その後はアメリカで植物学者や蘭栽培者がこの新種を栽培し、美しいハイブリッドに育て上げ、世界の中で最も珍重されている蘭となりました。

ここ50年間に日本はリカステ栽培で最も卓越した国になっています。日本は今 Lycaste skinneri とそのハイブリッドの驚くばかりのクローンのラインブリードで有名になっています。世界中のどこにもこの様な素晴らしい植物が見られるところはなく、うらやましい程の技術と忍耐力の証しです。この素晴らしさの中心は日本リカステ協会とこの美しい植物を育てる事にあり、その会員はリカステへの愛情を通して多くの国々の人々と団結しています。
楽しんでリカステを栽培して下さる様、またリカステとその育て方について学んで頂けるよう私と協会員はお祈りしています。このホームページで知識と美しさを見出し、それを栽培に役立てて頂ける事と信じています。

英国 リカステ イダ アングロア分類学者
英国王立園芸協会 蘭委員会 委員長
イギリス蘭協会 会長

日本リカステ協会 名誉会長
ドクター・ヘンリー・オークレー

2003/09/23

TOP